他の店舗型風俗との比較

次に他の店舗型風俗と比較したメリットを見てみましょう。基本的に店舗型の風俗では、女の子は勤務時間中待機室とプレイ用の部屋の行き来のみとなります。また、待機室が個室で、プレイ用の部屋と兼用となっているお店もあり、このようなお店では勤務時間中に外に出る機会はほとんどありません。この状況に少なからず閉そく感を抱く女の子は多いようです。

前項で触れた通り、ホテヘルのプレイはホテルで行われます。お店によってひとりでホテルに向かうか、待機所からお客さんと一緒にホテルに向かうかは異なりますが、仕事中に外に出るということが閉そく感の解消につながっているという側面があります。そのため他の店舗型のお店よりストレスがたまりにくい環境と言えるでしょう。

また、ホテヘルは他の店舗型風俗より初心者向けのお店です。これはプレイ内容が比較的ソフトで、回転率もそれほど高くないためです。例えばピンサロは回転率が命と言われます。プレイ一回当たりの時間が短く単価も安めに設定されているため、それだけ多くのお客さんを相手にしなければ満足な収入を稼ぎだせません。それに比べてホテヘルは、プレイ一回当たりの料金とプレイ時間のバランスが良く、のびのびとした環境でお仕事を覚えていけます。

無店舗型の風俗との比較

まず無店舗型風俗と比較したホテヘルのメリットを考えてみましょう。無店舗型風俗の代表的なものはデリヘルです。デリヘルとホテヘルは名前が似ている関係もあり、風俗に明るくない人は混同してしまいがちな2つです。実際にプレイ内容も非常に似ています。ホテヘルとデリヘルを比較した際のホテヘルのメリットは、安全性です。ホテヘルには店舗型風俗ならではの安全性があります。

デリヘルのお仕事に至るまでの流れを見てみましょう。お店に電話が入るまで、女の子はお店が用意した待機所で待機します。デリヘルの受け付けは電話のみとなっているのが主流です。お仕事が入るとドライバーが待機所に迎えに来て、お客さんが指定したホテルへ向かい、そこでサービスを行います。デリヘルは女の子が男性とホテルで顔を合わせるまで、お店の誰一人としてお客さんの姿を確認できません。過去にイヤな経験のあるお客さんかもしれませんし、危険な男性である可能性もあります。

一方ホテヘルでは、お客さんはまず店舗に足を運び、そこで受付を済ませてお店が指定したホテルで待機します。女の子はお客さんがホテルに入った後そのホテルに向かい、サービスを行います。サービスに至るまでの流れの中に、一度受け付けを挿むために、危険なお客さんが紛れ込む可能性がデリヘルに比べかなり低いと言えます。また、モニター確認ができるお店もあり、過去にイヤな経験のあったお客さんを女の子側から拒否することも可能です。デリヘルとホテヘルどちらで働くか迷った時、安全性を重視するならホテヘルを選ぶべきと言えるでしょう。

ホテヘルで働くメリットとは

風俗でのお仕事に興味があっても、「業種がたくさんあってどこで働けば良いのか分からない」という方もいるのではないでしょうか?当サイトでは、数ある風俗業の中でもホテヘルで働くことをおすすめしています。

当サイトは、他業種と比較したホテヘルで働くメリットをご紹介しています。安全で稼げて、さらに働きやすいホテヘルは、風俗店で働く女性からの支持も厚い業種です。しかし、一部のエリアにはお店がないこともあるので、デリヘルなどと比べると知名度が低く、情報が得にくくなっています。そこで当サイトでは、他の店舗型風俗とホテヘルの比較、無店舗型風俗とホテヘルの比較という2つの視点から、ホテヘルで働くメリットをご紹介しています。

風俗は店舗型と無店舗型の大きく二つに分けられます。ホテヘルは店舗型の風俗です。店舗型にはホテヘルの他に、ソープランド、ファッションヘルス、ピンサロなどがあります。一方無店舗型風俗には、デリヘルや出張型エステなどがあります。その名の通り、店舗がなく、ホテルや男性の自宅などに出張してサービスを提供するのが特徴です。

ホテヘルは店舗外でサービスを提供するため、一見すると無店舗型のようにも見えますが、店舗型特有の安全性というメリットを有しています。また、他の店舗型風俗店に比べると、風俗初心者でも働きやすいというメリットがあります。当サイトの情報を参考に、是非ホテヘルで働きやすい環境と高収入をGETしてください。